検索
オンラインショップ

循環型社会の構築

食品工場における食品廃棄物の削減

事業活動で生じた廃棄品や破砕品の中には、リサイクル価値があるものとして、売却され収益になるものがあります。 キョクヨーグループではフードロスの見地からも、グループ工場各社で食品廃棄物のリサイクル率向上に取り組んでいます。

生ごみ処理機

食品工場における水使用量の削減

主にカツオのたたきを生産している指宿食品(株)は塩釜研究所と連携し、“練り節”生産工程においてカツオ原料を煮沸する「煮釜」の仕様を変更し、月間200㎥の水使用量の削減に成功しました。従来、「煮釜」内に漂う“練り節”を、水流にて次工程に向かうコンベアに送り込んでいましたが、これを気流にて送り込む方式に変更したものです。 これにより、使用水のコスト削減に加え、放流水や環境負荷の低減にもつながりました。 また、水流を起こすための追加注水が無くなったことで、槽内の水温も安定し、ボイラーの使用も大きく減らすことができ、燃料使用量やCO₂排出量の削減にもつながっています。

指宿食品(株)

トピックス

Go to TOP