検索
オンラインショップ

ステークホルダーエンゲージメント

キョクヨーグループのステークホルダー

キョクヨーグループは、事業活動を通じて、 SDGsを含む社会課題の解決に貢献していきます。

キョクヨーグループのステークホルダー

持続可能な開発目標(SDGs)とは

2015年9月の国連持続可能な開発サミットで採択された持続可能な開発のための2030アジェンダに盛り込まれた「持続可能な開発目標」です。気候変動や資源問題、人権など様々な課題の解決に向けた、すべての国に普遍的に適用される17の目標と169のターゲットで構成されています。SDGsは、各国政府のみならず、企業および市民社会に対しても持続可能な成長のための行動を求めており、国連は企業をSDGs達成における重要なパートナーであると位置づけ、企業にSDGsへの取り組みを要請しています。

SDGs

クリーン・オーシャン・マテリアル・アライアンス(CLOMA)への参加

クリーン・オーシャン・マテリアル・アライアンス(CLOMA)は、海洋プラスチックごみ問題の解決に向け、プラスチック製品の持続可能な使用、並びにプラスチック廃棄物の削減につながる革新的な代替品の開発及び導入普及を図るため、企業間の情報交換、マッチングの場として、産業界が中心となり、経済産業省の支援のもと、2019年1月に設立されました。

CLOMAには様々な産業界から企業が参加し、現在3つの部会を立ち上げ、情報交換を主に社会的な課題解決に向けた取り組みを開始しています。

キョクヨーグループは、プラスチックによる海洋汚染問題が、当社グループの事業に直結し、大きなリスクをもたらす課題だと認識しています。
同アライアンスで新素材や代替品の最新情報に触れ、その知見を当社グループの事業活動に有用にフィードバックし、問題解決に取り組んでいきます。

CLOMA関連セミナーより
3部会

「海洋管理のための水産事業(SeaBOS)への参加」

「海洋管理のための水産事業(SeaBOS:Seafood Business for Ocean Stewardship)」は、世界の海洋漁業、水産養殖業、水産養殖飼料の業界リーダーである大手企業が科学者と協力して、科学に基づいたアプローチで持続可能な水産物を消費者に供給するだけでなく、健全な海洋と地球環境の実現に向けて課題解決に取り組むためのグローバルイニシアチブです。当社は、2017年4月にSeaBOSに参加しました。2019年9月末現在、当社を含め国内外10社が参加しています。

SeaBOSは、IUU漁業や奴隷労働の排除、水産物のトレーサビリティの向上、海洋プラスチック問題や水産養殖における抗生物質使用削減など、参加企業が団結してサプライチェーンやステークホルダーと手を組んで課題解決に取り組んでいます。また、活動を通して国連の「持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)」のうち、特に14番目の目標である「海洋と海洋資源の保全と持続的利用」の達成に積極的に貢献することを目指しています。

当社は、SeaBOSの取り組みを通して持続可能な水産業の実現と健全な海洋という社会課題の解決に貢献するとともに、自社のサステナビリティの向上を図っていきたいと考えています。

SeBOS参加企業

SeaBOSロゴ

海洋管理のための水産事業(SeaBOS)の取り組み10項目

トピックス

Go to TOP