検索
オンラインショップ

安心・安全

品質保証体制

当社では、安心・安全な食品を調達することを第一に考え、品質保証部を中心とした品質保証活動に取り組んでいます。安心・安全な商品を生産するために、日本国内の加工委託工場については品質保証部員が直接出向き監査・指導を行っています。海外工場については、中国、ベトナム、タイに品質管理専門の日本人スタッフおよび現地スタッフを配し、商品の品質、衛生管理の徹底に努めています。現地スタッフには日本国内での研修を定期的に行い、日本向け食品に必要な管理への理解を深めるように徹底しています。

日本国内の工場へは、製造数量などによって4つのランクに区分けして工場点検の頻度を決めて訪問し、安心・安全な商品の供給に欠かせない工場管理体制を確認しています。海外工場も同様に工場に定期訪問し、実際の製造に立会い、衛生管理、工程管理、異物混入防止対策、食品防御などに関係する管理体制について確認・指導を実施しています。

キョクヨーの品質保証体制

品質保証に関する基本方針

安心·安全な商品の提供

お客様に対して「安心」で「安全」な商品を提供することを最優先とし、これを実現するためのシステムを構築および維持管理し、継続的に見直しを行います。

正確な情報の提供

取り扱う商品の情報をお客様へ正確にわかりやすくお知らせ致します。

法令の遵守

食品衛生法など食品に関係するすべての関連法令を遵守致します。また、別に定めた自主的な取り決め事項についても遵守致します。

誠実なお客様対応

取り扱う商品で事故または苦情が発生した場合は、被害拡大防止、原因究明、対策立案およびお客様への報告などを迅速かつ誠実に行います。

食品安全への取り組み

ここ数年食品業界で重要性が高まっている意図的な食品汚染などの犯罪やテロに対するフードディフェンスについて、当社グループでは独自のガイドラインを作成しています。従業員が自ら自社製品の安全を担っているという意識を持って働くことができる環境を整えることを組織マネジメントの基本として、工場施設、セキュリティ管理はもちろんのこと、コミュニケーションを取りやすい職場環境の整備や情報の共有化、従業員の労務管理、教育訓練をポイントとしています。各工場ではガイドラインに基づいてフードディフェンスに関する規定を作成し、管理体制の強化を推進しています。

キョクヨーフードディフェンスガイドラインの大項目
加工工場 工場視察

関連情報

トピックス

Go to TOP