社会の皆様とともに 成長していくために

 キョクヨーグループは、2017年9月に創立80周年を迎えました。これを機に、従来の「社会・環境報告書」から、「CSR報告書」にタイトルを変更いたしました。

 CSR、つまり企業の「社会的責任」とは、企業として自社の利益追求だけでなく、その活動が社会に与える影響に責任を持ち、あらゆるステークホルダーのニーズや期待に対し適切な意思決定を行い、説明責任を果たしていくことであるという考えの下、「キョクヨーグループCSR報告書2017」ではさまざまなテーマにおける「基本方針」や取り組みをご紹介しております。

キョクヨーグループの5つのCSR重要テーマとSDGsとの関係性

キョクヨーグループでは、以下の5つの取り組みを重要テーマに掲げ、CSR活動を推進しています。

  1. 健康で心豊かな生活と食文化への貢献
  2. 安心・安全な商品の安定的な供給
  3. 低炭素社会の実現
  4. 資源循環型社会の実現
  5. 生物多様性の保全

また、2030年に向けて世界的な優先課題やあるべき姿を明らかにしている「持続可能な開発目標(SDGs)」(※)に、当社グループの重点テーマに関連する取り組みを通じて貢献することを目指しています。

 

※2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030」アジェンダに記載された、17の目標と169のターゲットからなる2016年から2030年までの国際的目標。

 

詳しくは、こちらをご覧ください

極洋グループ 社会・環境報告書2014

キョクヨーグループ CSR報告書2017

 

全文 (PDF 3.96MB)
ダイジェスト版 (PDF 1.4MB)