キョクヨー RECRUIT INFORMATION

特集

マグロ事業の一貫体制 お客様に最高のマグロをお届けする、極洋の一貫体制とその未来。

日本の魚食文化を代表する存在として、老若男女を問わず愛されるマグロ。
極洋は、その調達から加工、販売までの大半をグループ内で担っています。
多様な調達力を駆使して安定供給を実現するとともに、
お客様ごとのニーズを踏まえて最適な形態に加工し、
国内外の販売ネットワークを活かして、幅広いお客様に提供しています。
マグロを知り尽くした極洋だからこそ、できることがある――
これからも、この“誇り”を胸に、最高のマグロをお届けし続けます。

マグロ事業の一貫体制

SCENE1 調達 水産資源の持続可能性を見据え、「養殖」という未知の領域に挑む。

SCENE1 調達イメージ

海からの恵みを、次の世代につなげていきたい

資源保全と安定供給の両立をめざし、養殖事業にチャレンジ

極洋は、グローバルネットワークを活かした買い付けや、海外まき網船による漁撈を通じて、世界中の海から良質なマグロを調達しています。私たちは、こうした調達力を強みに長きにわたって「安定供給」という責任を果たし続けてきましたが、10年ほど前から国際的に生物多様性保全や資源保護の観点で漁獲規制が強化されてきました。水産業をなりわいとする者にとって、水産資源を次代に受け継いでいくことは、重要な社会的責任であると同時に、事業を継続する上での重要課題でもあります。そこで、私たちは資源保護と安定供給を両立するため、新たな調達手段となるクロマグロ養殖に挑戦することを決意しました。そして2007年にキョクヨーマリンファームを設立し、高知県宿毛市で活動を開始しました。

キョクヨーマリンファーム 代表取締役社長

成功例の少ない「クロマグロの完全養殖」を結実させるまで

クロマグロの養殖については、設備もなければ経験者もいない、まさにゼロからのスタートでした。ただ、私たちにはマグロの買い付けや販売を通じて培った豊富なノウハウ、マグロに対する深い愛情がありました。そうした誇りを胸に、技術やノウハウの習得に組織ぐるみで取り組んだことで、天然稚魚を生け簀内で成魚に育てる「蓄養養殖」の事業化に成功しました。当社の養殖クロマグロは、飼料に工夫を凝らしたことで養殖魚の欠点とされる臭みがなく、また色味や身質も市場から高く評価されるようになりました。
そして2012年からは、天然資源保護に向けた漁業規制強化を見据え、業界で成功例の少ない「完全養殖」にチャレンジしました。この手法は、人工孵化を経て成魚になった魚体から卵を採取し、それを再び人工孵化するサイクルを繰り返すため、より安定したクロマグロの調達が可能となります。2年間の紆余曲折を経て、ようやく第二世代の稚魚1万匹以上を海上の生け簀へと移すことに成功しました。さらに2017年には、完全養殖クロマグロを「本鮪の極 つなぐ<TUNAGU>」として初出荷し、出荷量を順調に増やしています。今後も、美味しいクロマグロを、誰もが、いつまでも食べられるよう、良質なクロマグロを育てていきます。

マグロ養殖生け簀(キョクヨーマリンファーム)
CLOSE

SCENE2 国内販売〜自ら加工する強みを活かし、市場のニーズにきめ細かく対応。

SCENE2 加工イメージ

お客様の声を具体化し、“マグロ好き”日本人を増やしたい

一貫対応できる組織力を活かして、良質な商品をスピーディに提供

マグロは、産地や漁獲時期の違いが規格や品質に影響を及ぼします。そのため、マグロの状態などを踏まえて、加工、販売することが、良い商品を生み出す肝となります。極洋の鰹鮪事業部では、マグロの原料買い付けから加工、販売までひとつの部署内で完結させ、マグロの美味しさを引き出しながら、お客様ニーズに応える商品を生み出しています。
また、世界各所でマグロを買い付けているため、各地の買い付け状況や相場の情報をできるだけリアルタイムに加工や販売の担当者に伝えるようにしています。これによって商品化の体制が早めに構築でき、迅速に商品化できます。この“商品化のスピーディさ”といった価値も当社の競争優位性のひとつです。

鰹鮪事業部 東京事業課

お客様ニーズを引き出し、愛される商品を開発

日本で最も食される魚種のひとつがマグロです。食され方もさまざまで、取り扱う店も多種多様です。そのため、産地や形態、サイズ、色味、さらには骨なしなどの下処理や切り方など、さまざまなニーズがあります。こうしたなかで当事業部の強みとなるのが、“一貫対応力”と“ニーズを聞き出す力”です。
私たち営業は、調達や加工の担当者からの情報をもって足繁くお客様の元に出向くだけでなく、お客様が望む規格や品質を具体的にするためにサンプルを持参するなど、ニーズを引き出す工夫をし、製品化にこぎつけます。こうしたきめ細やかな対応が評価され、お客様からは多くの引き合いをいただいています。今後も、お客様の声に耳を傾けながら、より美味しいマグロをお届けして“マグロ好き”の日本人を増やしていきたいと思っています。

冷凍加工設備
CLOSE

SCENE3 海外販売〜完全養殖の成功を活かして、“KYOKUYO”の浸透を図る。

SCENE3 販売イメージ

“KYOKUYO”ブランドとともに、魚食文化を世界中に広めていきたい。

グローバルな日本食需要の拡大に応えるため、拡販体制を強化

近年、海外では“寿司ブーム”が巻き起こるほど、日本食への関心が高まっています。極洋は、50年以上前から海外で、買い付けを中心に事業展開してきましたが、現在、日本食マーケットの拡大に合わせて、アメリカ、オランダ、タイなどグローバルに営業拠点を設けるなど、販路拡大に向けた動きを加速させています。私も2017年3月にニューヨーク事務所の開設に合わせて赴任し、北米市場における拡販の一端を担っています。
営業活動を通じて実感するのが、マグロ自体は日本食レストランの看板商品として認知度は高まっているものの、“KYOKUYO”ブランドはまだ浸透していないということです。北米において後発組なので「まだまだ、これから」という側面はあるものの、お客様の元に足を運んで、当社製品の良さをお伝えすることで、北米でのポジションを確立していきたいと考えています。

Kyokuyo America Corporation New York Sales Office

“本鮪の極 つなぐ<TUNAGU>”を強みに、“KYOKUYO”の浸透を図る

現在注力しているのが、当社の新たな商材“本鮪の極 つなぐ<TUNAGU>”の販売です。この商品は、完全養殖クロマグロというサステナブルな商材として関心を持っていただいていますが、スーパーマーケットやレストランでの解体イベントなどの地道なプロモーションが功を奏し、クロマグロ本来のおいしさを楽しめる、日本食の魅力を引き立てる商材としても認知度が高まってきています。当社の他商品を知っていただくきっかけにもなっており、“KYOKUYO”ブランドの浸透につながっているように思います。
今後も、当社の強みを活かして現地で愛される商材づくりに努め、北米での販路拡大を図りながら、“KYOKUYO”ブランドの浸透、ひいては日本が誇る魚食文化を広めていくことに尽力していきたいと思います。

自社ブランド「本鮪の極」を使用した寿司
CLOSE

NEXT SCENE | そして、未来へ マグロ事業の未来を見据えて、常に新たな展開を。

私たち極洋の強みは、調達から加工、販売まで、グループ内でトータルに担う一貫体制にあります。なかでも、グローバルな調達から、まき網船による漁撈、自ら育てる養殖まで、幅広い調達力は、日本全国に美味しいマグロを安定供給するための強力な基盤となっています。さらには、居酒屋や回転寿司などの外食や量販店、コンビニなど、多様かつ大量の販路を確保しているからこそ、大規模な調達やそのための投資が可能になっているともいえます。
世界では魚食人気が高まる一方で漁獲制限が厳しくなり、国内では人口減や魚離れが進むなど、私たちを取り巻く環境は大きく変化しつつあります。こうした環境変化に対応する上で、私たちの総合力やスケール感、そして自ら変わることを恐れない柔軟性やチャレンジ精神といった企業風土が、大きくモノをいうでしょう。
私たちは、こうした基盤を活かして、これからも変わり続けます。このサイトをご覧の皆さんにも、ぜひ、変わりゆく極洋の一端を担い、新しいビジネス、新しい市場、新しい商品にチャレンジしていただきたいと願っています。

極洋 鰹鮪事業部次長