キョクヨー RECRUIT INFORMATION

人と仕事

国内販売Ⅱ

時代の変化をキャッチしながら水産物の”新たな可能性”を見つけていきたい。

本社 市販食品本部 市販食品第1部 市販食品第1課(撮影当時) 2017年入社 栄養学部 食文化栄養学科卒

学ぶことだらけの毎日だけど”ニーズの再センタ”に携われることに大きなやりがいを感じている。

私は現在、大手3社のほか、ローカル展開しているコンビニエンスストア向けに冷凍食品の営業をしています。皆さんもご存知の通り、コンビニエンスストアは小ぢんまりとした売り場でありながら、弁当や惣菜などのチルド商品をはじめ、レジ横で見かけるフライヤーや缶詰など、たくさんの商品が並んでいます。同時に、買い物に行くたびに新しい商品があるというくらい、商品の入れ替えサイクルが非常に早いことも特徴です。つまり、コンビニエンスストアは“消費者の流行やニーズが詰まっている空間”とも言えます。そのため私も時間を見つけては、コンビニエンスストア以外にもスーパーや百貨店の食品売り場に足を運ぶとともに、日々、SNSやニュースなどにも目を通しています。最近では、健康志向の商品や簡単に調理できるものが注目を集めています。まだまだ勉強することがたくさんありますが、コンビニエンスストアを通じて、そうしたニーズの最先端に携われることに面白さを感じています。

信頼していただくことが、商談成立の鍵。商品にまつわる情報を何でも応えられるよう相場情報などにもアンテナを張る。

日々、取り扱い商品が変わるコンビニエンスストアに営業するうえで、原料調達・加工・販売まで一貫して対応できるビジネスフローと、さまざまな食材の加工ができる国内外の工場を持つ“極洋のビジネスモデル”は強みとなります。ただ、継続的に営業を成功させるためには、それだけでは不十分です。お客様のニーズを探るコミュニケーション能力や信頼をいただくためのレスポンスの速さなどが商談の成立には欠かせません。また、サケやサバ、アジ、エビなどの商材は、相場の変動が近くなるとお客様からの問い合わせが増えるため、迅速に情報をお伝えできるように事前に市場や相場などの情報も収集しています。そのほかにも、お客様から気軽に相談いただける関係となれるよう仕事以外の世間話など、こちらから何でも話すようにしています。経験がまだ浅く、お問い合わせに答えられないこともしばしば(…恥ずかしい話、お客様に教えていただくこともあります)ですが、いつか“頼りになる営業”と呼ばれるようにお客様との関係づくりに取り組んでいます。

営業としての経験を活かして水産物のおいしさを多くの方に届けたい。

私にとっての営業成果は、コンビニエンスストアで当社製品がより多く取り扱われることですが、“日本の食文化への貢献”につながることももうひとつのやりがいです。和食がユネスコ無形文化遺産に登録されるなど世界からの注目が高まっていますが、日本国内では魚離れが進んでいます。多くの人々にとって身近なコンビニエンスストアに、調理が簡単な商品や健康に良いなどの新しいメニューを提案することで、もう一度、魚食の存在を高めていきたいと考えています。
さらに、今後は開発業務にもチャレンジしたいと思っています。入社動機でもあった介護食のメニュー開発はもちろん、営業として伺っているお客様の声を活かした、私ならではの商品を開発し、営業とは違ったアプローチで、水産物のおいしさを多くの方に届け、魚食という日本の食文化を守っていくことに貢献していくこと。それが私の目標です。

学生へのメッセージ

極洋は、国内・海外を問わず幅広いマーケットで活躍することができます。また、商材も水産物だけでなく、畜肉や野菜などの販売にも力を入れているので幅広い商品を取り扱うことができます。提案力を活かして、世界を股に掛けて活躍したい方に適している会社だと思います。
また、極洋は個性を尊重してくれる会社です。仕事をするうえで、個性が武器になることもあるので、ぜひ自分色を作っておいてください。たとえば、海外旅行をしてさまざまな国を訪れ、日本ではできない経験をたくさんするなどして、引き出しを増やすことにつながる知識や発想、人脈を得ておいてください。何より、大学生活を楽しむことが一番大切です。ENJOY!