「第21回ジャパン・インターナショナル・シーフードショー」出展のお知らせ

2019年8月6日

 株式会社 極洋 は、2019年8月21日(水)~23日(金)に東京都江東区有明の東京ビッグサイト南展示棟で開催される「第21回ジャパン・インターナショナル・シーフードショー」(主催:一般社団法人 大日本水産会)に本年も出展いたします。

 

 今年は「人気のお魚 素材から惣菜へ」をテーマに、エビ、サケ、サバの3つの魚種について、原料からフレークや完全油調品などの惣菜品に至るまで、加工度合別に試食を交えながら極洋の商材をご提案します。

1.エビ

原料としては、天然物にこだわった船凍品のブラウンやASC認証取得のブラックタイガーを、加工度を高めた商材としては、ムキエビから寿司エビ、天ぷら・カツ、そして完全油調品の業務用フライ、自然解凍可能な市販用のフライ商品までご紹介します。

※持続可能で適切に管理された養殖漁業で生産された水産物を扱う流通・加工業者を認証する制度。

2.サケ

原料商材では秋の新商品として発表しました、アンデス山脈の湖で養殖された「天空サーモン」と、宮城県石巻市鮎川・網地島地区で極洋契約生産者が養殖した「極の銀」を出品し、加工品としては定塩サケからサーモンのタタキ、サケフレークやサラダサーモン、高齢者向けのムース食まで幅広くご紹介します。

3.サバ

ラウンド、フィーレにはじまり、だんどり上手シリーズからは骨なしの切身・焼き魚・煮魚・ほぐし身など種類豊富に取り揃え、さらに手間を加えた完全油調の唐揚げ、大ブームとなったサバ缶などを出品します。

 

皆様のご来場をお待ちしております。

以上