キョクヨー RECRUIT INFORMATION

成長への取り組み

挑戦の舞台は世界の海極洋が歩む、成長の道筋

挑戦の舞台は世界の海極洋が歩む、成長の道筋

極洋は、水産物市場を取り巻く環境変化にタイムリーに対応し、
さらなる成長を実現するため、国内外でさまざまな取り組みを推進しています。

魚食のグローバル化を背景に、世界的に需要が拡大

近年、国内市場では魚の消費量が減少しつつありますが、
その一方で、和食ブームやヘルシー志向などから、世界各地で魚食の需要が拡大しています。

消費量推移

極洋は、環境変化を踏まえた取り組みを国内外で推進

成長への取り組み1 販売ルートの拡充と消費者目線での商品開発を進めています。

point1 量販店、外食チェーンなど、お客様との連携体制を強化
極洋は量販店や外食チェーンなど消費者との接点を持つお客様との連携を強化し、魚食の魅力を広く訴えることで市場拡大に努めています。例えば、冷凍マグロを主に取り扱う大手外食チェーンに「生マグロフェア」を提案することで、品質のコントロールが難しい生マグロのおいしさを知る機会を消費者に提供しています。
また、大手量販店とともに消費者のニーズに合致した水産商品づくりを進め、量販店のプライベートブランドとして提供するなど、お客様のニーズ把握力や販売網、ブランド力を活かした取り組みを進めています。
その一方で、お客様とのタイムリーな連携を強化するため、供給体制を強化。グループ各社の連携によって東京、大阪、福岡など大都市圏に冷凍冷蔵倉庫を整備するとともに、物流部門の事業拡大とサービス拡充を図るために、2014年に東京都大田区に新事業所を開設しています。

連携強化イメージ

point2 市販商品ブランドの確立と高付加価値商品の展開
極洋は、これまで主に業務用商品を扱い、問屋や量販店、外食チェーンなどを通じて、消費者の皆様に商品を提供してきました。今後の成長を図るだけでなく、国内の魚食普及なども考えたうえで、市販商品を強化し、消費者へ直接魚を届けていくことが重要と考え、2013年に市販商品ブランド「シーマルシェ」を発表。さらに、2014年にはオンラインショップ「キョクヨーマルシェ」を開設しました。
また、骨抜きなどの加工を施した切り身加工品「だんどり上手」シリーズの展開や家庭用冷凍食品事業に参入するなど市場のニーズを踏まえた商品開発を強化。こうした消費者目線での取り組みを加速させるため、2014年4月にマーケティングや販売促進、広告宣伝を一元的に取り扱う「商品開発部営業企画チーム」を発足しています。
CLOSE

成長への取り組み2 世界各地で生産・販売ネットワークを拡充しています。

point1 世界各国に生産拠点を配置
国内市場での加工ニーズの高まりに応えるため、産地に近く、低コストで生産できる海外各地に、冷凍・加工を行う生産拠点を設立。その数は協力会社も含めて約200に達しています。各エリアの主要拠点には経験豊富な品質保証担当者が駐在しており、この担当者が各工場を定期的に調査することで、国内工場と同レベルの厳格な品質管理体制を整備しています。
これらの拠点には、日本への商品供給だけでなく、需要が拡大する世界各地の市場への供給拠点としての役割も期待されます。例えば、2006年にタイで本格稼働を開始したタイの「K&U ENTERPRISE Co., Ltd.」は、世界20カ国から水産物を集め、寿司ネタに加工して、30カ国に輸出しています。すでに日本以外のエリアでの売上が3割を超えており、今後も経済成長が著しいアセアン諸国を中心に、海外市場での業績拡大が期待できます。

安定供給体制イメージ

point2 成長著しいエリアを見据えた販売拠点の強化
おいしさはもちろん、健康面での利点、さらには和食ブームに牽引され、魚食のグローバル化が進んでいます。極洋では、世界各地での需要の高まりに応えるべく、販売ネットワークの強化を進めています。
日系人を中心に早くから魚食が取り入れられた北米市場では、1996年に「Kyokuyo America Corporation」を設立。寿司を中心に、和食が食生活に密着しつつある欧州でも、2006年にはオランダに現地法人「KYOKUYO EUROPE B.V.」を、2014年にはオーストリアに合弁会社「K&H Food Impex GmbH」を設立しました。さらに、経済成長を背景に消費の多様化が進むASEAN市場をターゲットに、2014年にはタイに「Kyokuyo (Thailand) Co., Ltd.」設立しました。これら拠点を軸に、市場ごとのニーズを踏まえた商品供給を強化することで、魚食の魅力をさらに拡げていきます。
CLOSE

極洋の売上高は順調に拡大

これからの極洋 「既存分野の拡大」と「新分野の拡大」の両輪で、安定した成長を継続していきます。

量販店、飲食店などお客様との連携体制を強化
国内外で積極的な事業展開を進めることで、極洋は厳しい環境のなかでも、確かな成長を続けることができました。今後も安定した成長を続けていくために「既存分野」と「新分野」の両面で、さらなる拡大を追求していきます。
「既存分野の拡大」に向けては、長年培ってきた調達、加工、販売のバリューチェーンが強みとなります。この一貫体制のもとに培ってきた豊富なノウハウや、産地/お客様との信頼関係を活かして、より高付加価値な商品づくりに努めます。
「新分野の拡大」に向けては、ご家庭向けの市販商品や、海外市場への展開など、新たに開始した取り組みをさらに深化させ、ノウハウの蓄積に努めることで、さらなる成長を実現させます。
これからもグローバルな規模で成長を続ける極洋にご期待ください。

連携強化イメージ

CLOSE