キョクヨー RECRUIT INFORMATION

極洋のビジネス

ビジネスフロー フロー図

BUSINESS FLOW ビジネスフロー

こだわりの海の幸を世界中に届ける仕事

朝食の焼き魚、お弁当のエビフライ、回転寿司のお寿司──。昔も今も、水産物は日本人の食生活に欠かせない存在です。
また世界においても、健康志向を背景とする和食ブームにより、水産物消費量は増加を続けています。
極洋は1937年の設立以来、水産物を中心とした総合食品会社として「調達」「加工」「販売」の3つのステージでビジネスを展開しています。
水産物の川上から川下まで手掛ける総合力を活かして、国内外を問わず安心・安全で高品質な食品をお届けしています。

調達

「魚のプロ」の確かな目による“調達”

長年、水産物を扱ってきた極洋は、自社グループ内の連携と国内外の取引先との信頼関係に基づくネットワークを活用し、世界中から幅広い種類の水産物を買い付けています。担当者は産地に赴いて「魚のプロ」の目で品質を確かめます。
また、買い付けだけでなく、自社グループでカツオの漁獲やクロマグロの養殖を行っており、それらを通じた独自の調達力も強みの1つです。

調達 イメージ
加工

ニーズに合わせた専門性の高い“加工”

調達した水産物はそのまま売るだけでなく、外食産業や量販店といったお客様や消費者の皆様のニーズに合わせて、グループ会社や協力工場で加工しています。寿司ネタ、切り身、焼魚、煮魚、フライなど、商品の専門性に応じた工場を選定し、こだわりの商品を生み出しています。
加工にあたっては、お客様のニーズをきめ細かく伝えるために買い付け担当者や商品開発担当者が生産指導するほか、品質管理スタッフが衛生指導を行っています。

加工 イメージ
販売

国内外のネットワークを生かした“販売”

国内7支社および関係会社を通じて、国内の回転寿司、レストラン、居酒屋のほか、スーパーの水産コーナーや総菜コーナー、コンビニエンスストア、学校給食や病院給食など、幅広いルートに販売しています。
また、海外グループ会社のネットワークにより、EU諸国へ冷凍寿司や寿司ネタを販売するなど、魚食のグローバル化をビジネスチャンスとして積極的に展開しています。

販売 イメージ