Kiribati and Kyokuyo Co.,Ltd.設立に関するお知らせ

当社子会社である極洋水産株式会社(極洋100%子会社)は、平成23年4月15日キリバス政府と海外まき網合弁事業に関する協定を締結しました。

 同社では、海外まき網船により中西部太平洋海域において鰹の漁獲を目的に海外まき網事業と鰹鮪加工事業及び冷蔵庫事業を行っています。

 国際的な資源管理が強化されるなか、キリバス共和国との合弁事業の開始は、資源の有効利用によって同国経済発展に貢献するとともに、将来にむけて我が国に安定した水産資源を供給することが確保され、当社グループの鰹・鮪事業の維持、発展にも寄与するものと考えます。

 なお、合弁会社Kiribati and Kyokuyo Co.,Ltd.は5月設立を予定しており、現在手続き中です。

 

 

合弁契約署名式の模様
KKCに貸し渡す第3わかば丸
キリバスの海岸
 
< Kiribati and Kyokuyo Co.,Ltd.(略称:KKC)の概要 >
代表者

President 村谷 育雄(極洋水産代表取締役社長)

所在地

キリバス共和国

設立年月 平成23年5月
事業内容 極洋水産株式会社は同社所属の第3わかば丸(1989年建造 総トン数349トン)をKKCに貸し渡し、KKCは漁獲物の販売を含め海外まき網事業を運営する。
決算期 3月
資本金 10万豪ドル

株主

極洋水産株式会社(51%)、キリバス政府(49%)

売上高 約10億円(平成24年3月期)