利益配分に関する基本方針

当社は、株主に対する適切な利益還元を経営の重要な課題のひとつと位置付けており、企業体質の強化及び将来の事業展開に備えるための内部留保の充実を図るとともに、当面は安定配当を継続しつつも、中長期的な利益成長による配当水準の向上を目指します。

内部留保資金につきましては、有利子負債の削減に充当する一方、国内外の生産および販売拠点の強化、市場ニーズに応える商品開発、人材育成のための教育投資、情報システムの強化、物流の合理化などに有効に活用する方針です。

1株当たりの配当金

  1株当たりの配当金
2008年3月期 5円
2009年3月期 5円
2010年3月期 5円
2011年3月期 5円
2012年3月期 5円
2013年3月期 5円
2014年3月期 5円
2015年3月期 5円
2016年3月期 5円
2017年3月期

60円

 ※平成28年(2016年)10月1日付で普通株式10株につき1株の割合で株式併合を実施しております。

 2016年3月期以前の実績については、当該株式併合前の実績の配当金の額を記載しております。

株主優待

当社は、平成28年10月1日をもって単元株式数を1,000株から100株に変更し、併せて株式併合を実施し、10株につき1株の割合をもって併合いたしました。 これに伴い、株主優待制度の内容についても修正と変更を実施いたします。

1.平成29年の株主優待の修正内容

(1)対象株主   

   平成29年3月31日現在の当社株主名簿に記載または記録された1単元(100株) 以上所有の株主様

(2)優待の内容   

   5,000円相当の当社製品を贈呈

(3)贈呈時期    

   平成29年7月予定

 

2.平成30年以降の株主優待についての変更

当社は、当社株式の魅力を高め、当社株式を保有していただける株主様の増加を図ることを目的として、株主優待制度を実施してまいりました。お陰さまで、多くの株主様のご支援をいただけるまでになりました。このような状況を踏まえ、株主優待の実施方法について慎重に検討を重ねてまいりました結果、平成30年実施分より優待制度の内容を変更させていただくことといたしました。株主の皆様におかれましては、 何卒ご理解を賜りますようお願い申しあげます。

(1)対象株主および優待の内容

   ア.毎年3月31日現在の当社株主名簿に記載または記録された1単元(100株)以上

     3単元(300株)未満所有の株主様には、2,500円相当の当社製品を贈呈

   イ.毎年3月31日現在の当社株主名簿に記載または記録された3単元(300株)以上所有

     の株主様には、6,000円相当の当社製品を贈呈

 

(2)贈呈時期

   毎年7月予定 

 

 

※本ホームページに記載している将来に関する記述は、現時点で入手可能な情報に基づくものであり、実際の業績等は様々な要因により異なる可能性がありますことご承知おきください。