キョクヨーグループのあゆみをご紹介します。

沿革動画サムネイル_0526
漁撈会社としてスタートしてから現在に至るまで、80年の歴史をご紹介します。(動画 2分35秒)

平成29年3月31日現在

昭和12年
img1937
極洋捕鯨(株)創立
昭和13年 極洋丸船団出漁。南氷洋母船式捕鯨事業開始
昭和21年 以西底引漁業初出漁
昭和23年 東部支社(宮城県塩釜市)に加工工場竣工
昭和24年 東京・大阪・名古屋証券取引所市場第一部に上場
東部支社にて缶詰の製造開始
昭和27年 ばいかる丸船団出漁。北洋母船式捕鯨事業開始
昭和32年
img_s35
保土ヶ谷工場(横浜市)を買収、魚肉ハム・ソーセージの製造開始
昭和37年
第10大進丸竣工、遠洋トロール事業開始
img_s37
平塚工場・研究所設置
昭和38年
海外買付事業に進出、アラスカ産スジコの輸入開始
昭和39年 初の海外拠点ラスパルマス出張所設置
昭和45年 八戸市に水産加工工場を新設(現 極洋食品(株))
平塚工場で冷凍食品の製造開始
昭和46年

社名を(株)極洋に変更
水産物・農畜産物等の買付販売を目的に極洋商事(株)を設立
大阪に秋津冷蔵(株)(現 キョクヨー秋津冷蔵(株))を設立し、冷蔵倉庫業に進出

シアトルに初めての海外子会社Kyokuyo USA Inc.(現・Kyokuyo America Corporation)を設立

昭和48年
冷蔵運搬船事業へ本格的に進出
海外まき網船わかば丸竣工、初出漁
米国式まき網事業を開始
昭和51年 大井冷蔵庫(東京都)営業開始(現 キョクヨー秋津冷蔵(株))
捕鯨部門を日本共同捕鯨㈱に譲渡
昭和54年 福岡市に冷蔵庫を新設(現 キョクヨー秋津冷蔵(株))
昭和55年 冷凍食品の製造を目的に極洋食品(株)を設立
昭和59年

冷凍食品・チルド食品の製造を目的にキョクヨーフーズ(株)を設立
(平成11年 HACCP導入)

昭和61年 冷蔵運搬船事業を目的に秋津海運(株)を設立
昭和62年 インテグレート・システム㈱を設立
昭和63年 冷凍食品の製造を目的にサポートフーズ(株)を設立
平成 3年
宮城県に塩釜研究所を設置
平成 6年 塩釜第二工場建設(翌年HACCP導入)(極洋食品(株)が運営)
平成 9年 本社事務所(東京都千代田区丸の内)を東京都港区赤坂に移転
海外まき網事業、カツオ・マグロの売買及び加工事業を目的に極洋水産(株)を設立
大井川工場稼動
平成10年 茨城県にひたちなか工場を建設(平成13年 HACCP導入)(現 極洋食品(株))
平成14年 環境マネジメントシステムISO14001認証取得(本社、東京支社、キョクヨー総合サービス(株))
平成16年
関係会社を含めたキョクヨーグループ全体で環境マネージメントシステムISO14001拡大認証取得
平成17年 冷凍寿司等水産加工品の製造・販売を目的に合弁会社 K&U ENTERPRISE CO.,LTD.を設立
中国に冷凍食品の買付販売を目的に青島極洋貿易有限公司を設立
平成18年 オランダに冷凍食品の買付販売を目的にKyokuyo Europe B.V.を設立
平成19年
img_h19
マグロその他水産物の養殖、加工及び販売を目的にキョクヨーマリンファーム㈱を設立
平成20年 海産物珍味の加工・販売を営む㈱ジョッキの株式を取得、連結子会社化
平成21年 まき網船第七わかば丸竣工
平成22年 マグロその他水産物の養殖、加工及び販売を目的にキョクヨーマリン愛媛㈱を設立
マグロその他水産物の加工及び販売を目的に極洋フレッシュ㈱を設立
サケ製品の加工及び販売を営む海洋フーズ㈱の株式を取得、連結子会社化
エス・ティー・アイ㈱(現 ㈱新東京フード)を設立
平成24年 クロマグロ完全養殖の事業化を目的に極洋日配マリン㈱(現 極洋フィードワンマリン㈱)を設立
平成25年
㈱エィペックス・サンヨーに資本参加
市販商品ブランド『シーマルシェ』発表
業務用『だんどり上手』シリーズ発表
平成26年
家庭用冷凍食品の開発、製造、販売を目的に家庭用冷凍食品部を設立
ASEAN域内貿易の拠点としてKyokuyo(Thailand)Co.,Ltd.を設立
欧州市場での販路拡大を目的にK&H Food Impex GmbHを設立
クロマグロ完全養殖魚の沖出しに成功
平成27年
カツオ・マグロその他の水産物加工を目的に指宿食品㈱を設立

冷凍食品の基幹工場となる極洋食品㈱塩釜新工場が完成